唾液診断は歯科の将来を変える可能性があるか?
ニュース 2017/01/10

唾液診断は歯科の将来を変える可能性があるか?

WHITE CROSS編集部
2000年に国際歯科連盟(FDI)が提唱した Minimal Intervention(最小の侵襲)の概念が普及して久しい。
医療や医療を取り巻く環境は、近年大きく変貌しており、その動向を注視すると、治療から予防へのパラダイムシフトである。
これは医学検査にも当てはまる傾向で、侵襲的検査から非侵襲的検査への需要や関心が高まっている。
 
従来よりヒトにおける生化学的検査は、採取の簡便性と取得できるデータの範囲から、血液…
新規登録・ログインして全文を読む

続きを読むには会員登録(無料)が必要です
登録によりWHITE CROSSの他サービスもご利用いただけます

WHITE CROSS編集部
LINEで送る

歯科医師コメント(0)

コメントをみる・投稿する

コメント機能のご利用には歯科医師確認が必要です

人気記事ランキング

おすすめのセミナー