歯科医院の看板から 第4回「デザイン重視VS広告重視」 / WHITE CROSS編集部 - WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

歯科業界専門看板会社デンタルサイン代表の原裕司と申します。
 
看板の打合せをしていると、クライアントから言われて困る言葉の一つが「デザイン重視で目立つ看板」です。
デザインを重視する場合、余白をいかにうまく使うかが大事で、文字を小さくする傾向にあります。しかし、目立つ看板とは可読性が高いことを優先するため、文字は大きく使う傾向にあります。デザインに携わる者からすると、対義語に近い意味を持つのです。
 
クライアントも実は理解している部分もあり、自分の個人的な好みはデザイン重視、ただ目立たないとやっていけないのでは?という危機感から目立つ看板(=広告重視)とお話をしていることが多いです。
この一見相反する欲求を調整していくのが、歯科界の看板において最も重要だといえます。それではデザイン重視、広告重視のポイントを分かりやすく理解するために、身近な飲食店の事例で説明をします。
 
新規登録・ログインして全文を読む

続きを読むには会員登録(無料)が必要です
登録によりWHITE CROSSの他サービスもご利用いただけます

LINEで送る

記事へのコメント(0)

関連記事

人気記事ランキング

おすすめのセミナー

0825_2の画像です