会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

歯科における感染制御を再考する −きれいな水ときれいな空気− / WHITE CROSS編集部 - WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

歯科クリニックの滅菌・消毒はどうあるべきか
歯科医院における滅菌・消毒について考えると、規模に合わせたシステムキッチンのようなパッケージがあり、その導入自体がガイドラインを満たした滅菌・消毒になることが理想的と思える。
 
2014年、読売新聞においてハンドピースの使い回しが報道され、歯科医院における滅菌・消毒が社会的に問題視された。
その後、歯科医院のホームページなどにおいて、患者さん向けに滅菌・消毒の安全性が謳われるようになって久しい。
 
ヨーロッパ水準、米国水準などの言葉を耳にすることがある。
その実体は、社会的な規制であるように思える。例えば、欧州においては行政がガイドラインを設け、その遵守が診療提供の前提条件とされている。
中国の上海など一部都市においては、歯科医院への抜き打ち検査が行われ、厳しい場合は医業停止処分などがなされる。
また、米国においては、歯科医院と保険会社…
新規登録・ログインして全文を読む

続きを読むには会員登録(無料)が必要です
登録によりWHITE CROSSの他サービスもご利用いただけます

LINEで送る

記事へのコメント(0)

人気記事ランキング

関連機材・薬剤

おすすめのセミナー