歯科医療の無料提供ではう蝕は根絶できない ノルウェー / WHITE CROSS編集部 - WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

ノルウェー北部のトロムソ大学の研究チームが、欧州のオンライン歯科雑誌にて発表した研究成果によると、社会保障政策として歯科医療を無料で提供する対象年齢を引き上げてもなお、18歳の25%以上が臼歯において1本以上の未処置歯/う蝕治療/根管治療/抜歯のいずれかを有することが判明した。
 

 
 
ノルウェー歯科医療の社会的背景
ノルウェーにおいては、
・ 18歳以下
・ 精神疾患を有する人
・ 指定された持病を有する高齢者および、施設や在宅ケアが求められる身体障害を有する人
・ その他、政府が指定した人々
については、歯科医療費が無料となり、19歳・20歳については歯科医療費の75%が控除される。それ以外の健全者については、米国などと同様に高額な歯科医療費が全額自己負担となる。
 
社会保障政策として、歯科医療費無料の対象年齢を18歳までに引き上げた過去があり、その効果測定研究の結果が、冒頭の…
新規登録・ログインして全文を読む

続きを読むには会員登録(無料)が必要です
登録によりWHITE CROSSの他サービスもご利用いただけます

執筆者

WHITE CROSS編集部

WHITE CROSS編集部

臨床経験のある歯科医師・歯科衛生士・歯科技工士・歯科関連企業出身者などの歯科医療従事者を中心に構成されており、 専門家の目線で多数の記事を執筆している。数多くの取材経験を通して得たネットワークをもとに、 歯科医療界の役に立つ情報を発信中。

LINEで送る

記事へのコメント(0)

人気記事ランキング