はじめまして。
テキサス大学サンアントニオ校歯学部補綴科に所属しております、杉田と申します。
今回は、 患者さんのう蝕リスク ( Caries Risk ) を簡易的に評価する CAMBRA ( = Caries Management by Risk Assessment ) について紹介したいと思います。
 
先日 CAMBRA の提唱者であるフェザーストーン教授が来日し、初講演を行っていますので、CAMBRAという言葉を聞いたことのある方も多いのではないでしょうか。
 
全米でも65校の歯科大学中40校が導入しており、私が所属する医局でも使用されています。
フェザーストーン教授のオンラインコースは30カ国からのアクセスがあったそうで、CAMBRA は今世界的にホットなトピックのひとつと言えると思います。
 
実際に用いられているう蝕リスクの評価表
 
CAMBRAとは
CAMBRAの原型は、2002年4月にカリフォルニア州サクラメントで行われたコンセンサス会議にさ…
新規登録・ログインして全文を読む

続きを読むには会員登録(無料)が必要です
登録によりWHITE CROSSの他サービスもご利用いただけます

執筆者

杉田 龍士郎の画像です

杉田 龍士郎

歯科医師・米国補綴専門医

テキサス大学歯学部サンアントニオ校

LINEで送る

記事へのコメント(0)

人気記事ランキング

おすすめのセミナー