呼吸器疾患を合併する割合は年齢とともに増加する傾向にあり、超高齢化社会の今日、歯科口腔疾患を有する患者が何らかの呼吸器疾患を合併することは決して稀ではない。
 
呼吸器疾患の症状が発現している時には、歯科治療にも影響する。口腔は気道への入り口であるため、歯科治療の影響を受けやすい。したがって歯科医師は代表的な呼吸器疾患の病態や症状、治療法に精通しておく必要がある。
 
ここでは歯科治療を…
新規登録・ログインして全文を読む

続きを読むには会員登録(無料)が必要です
登録によりWHITE CROSSの他サービスもご利用いただけます

LINEで送る

歯科医師コメント(0)

コメントをみる・投稿する

コメント機能のご利用には歯科医師確認が必要です

人気記事ランキング

関連機材・薬剤

おすすめのセミナー