会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

歯科医師登録をすると、DOCTORトークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

歯科医院の労務Q&A 第6回:「機密情報を流出させた職員の処遇をどのようにすればいいですか?」 / 長友 秀樹 - WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

医療専門の社会保険労務士の長友秀樹です。東京の池袋において、医療に特化した社労士事務所を開設しています。歯科医院経営において、切っても切り離せない問題である「ヒト」の問題に、歯科医院様と二人三脚で取り組んでいます。
 
 
「歯科クリニックのための労務問題Q&A」では、私が日常業務の中から歯科クリニックから寄せられる数多くの質問の中から、代表的な質問を毎回1つピックアップして、回答をしてまいります。皆様のクリニックに当てはめて考えていただけますと幸いです。
 
それでは早速今回のQ&Aを始めていきましょう。
 
Q. 機密情報を流出させた職員を懲戒解雇したいがどうすればいいですか?
「当院の職員の自宅パソコンがウイルスに感染し、患者情報が外部に流出していたことが判明した。この職員はクリニックのパソコンから無許可で患者情報を個人のUSBメモリに保存して、自宅で仕事するのが常習…
新規登録・ログインして全文を読む

続きを読むには会員登録(無料)が必要です
登録によりWHITE CROSSの他サービスもご利用いただけます

執筆者

長友 秀樹の画像です

長友 秀樹

社会保険労務士

長友社会保険労務士事務所

LINEで送る

記事へのコメント(0)

人気記事ランキング

おすすめのセミナー