歯科治療時の疼痛管理は患者の精神面への影響のみならず、循環動態の安定という観点からも最重要事項である。
 
抜歯等の手術侵襲は患者にとって侵害刺激となり、大小はあるもののそれに伴う生体反応が惹起される。すなわち交感神経の興奮と内因性カテコールアミンの遊離が起こり、血圧上昇や脈拍増加から循環器系疾患を有する患者にとっては甚大な悪影響を及ぼすこととなる。
 
また、循環器のみならず呼吸、内分…
新規登録・ログインして全文を読む

続きを読むには会員登録(無料)が必要です
登録によりWHITE CROSSの他サービスもご利用いただけます

LINEで送る

歯科医師コメント(0)

コメントをみる・投稿する

コメント機能のご利用には歯科医師確認が必要です

人気記事ランキング

関連機材・薬剤

おすすめのセミナー