会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

顎顔面補綴学という学問をご存知でしょうか? / 隅田 由香 - WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

顎顔面補綴学とは、頭頸部の器官を失う、あるいは動きを失った方たちが直面する重篤な発音・嚥下・咀嚼障害を、補綴的手法を用いて非観血的に改善することで社会復帰を図り、その方が天寿を全うするまで人生を支え続けるための学問です。

 

顎顔面補綴治療の現状

本邦での顎顔面補綴治療の多くは、舌がんや歯肉がんなどで舌や顎を失った方々、あるいは口唇裂口蓋裂などのような方々を対象としており、数少ない顎顔面補綴医が腫瘍切除を行った口腔外科医や頭頸部外科医らの依頼を受けて加療にあたっております。

 

人生において、上顎、下顎、舌、口唇などを失うこと、失わずともそれらの動きが悪くなるということは、咀嚼や嚥下あるいは発音に影響を及ぼす大変な問題です。また、後遺する顔面の整容性の不調和は、社会復帰をさらに難しくします。外科手術や放射線治療の進歩により、術後から天寿を全うするまでおおよそ20年以上「生きていく」ことを続けるためには、日々のお手伝いをし、支えていく顎顔面補綴医が必要なのです。

 

現在私は、この顎顔面補綴を専門に扱う顎顔面補綴医として、世界で唯一独立した顎顔面補綴学分野を有する東京医科歯科大学(TMDU)に所属し、世界中から集まる臨床家、研究者とともに、多くの臨床、研究、教育に携わっています。

 

 2019年にInternational College of Prosthodontists の協賛をうけて開催された世界若手顎顔面補綴教育者のためのワークショップでの臨床実習の一コマ。

4大陸から選抜された教育者たちを4日間で顎顔面補綴教育のトレーニングを行った。

 

日々の臨床では、受け持ちの患者さんの診療にあたるほか、東京医科歯科大学歯学部附属病院顎義歯外来の診療科長として、全ての新患患者さんの顎顔面補綴診断を行っています。

 

年間200症例以上の新患患者を本科では受けておりますが、その9割は頭頸部腫瘍切除後の患者さんです。学内の口腔外科医、医学部頭頸部外科医、医学部形成外科医、医学部放射線科医は勿論のこと、学外からは東京大学やがんセンター、がん研究所、東京慈恵会医科大学、杏林医科大学、聖マリアンナ大学などからの依頼を受けております。

 

 歯肉がんや上顎洞がんの切除により後遺した上顎欠損(左図)/ 適用する上顎顎義歯(オブチュレータ)(右図)

 

腫瘍切除後の頭頸部欠損患者は、手術により生命を維持できたことを安堵するのもつかぬ間、再発の恐怖と闘い、さらに、顎や舌を失うことで重篤な発声・発語、咀嚼、嚥下機能障害ならびに形態的不調和の現実に直面します。機能的あるいは整容的障害により、心理的苦痛を惹起し、著しく生活の質が低下している方々を想像してみてください。どれだけ厳しい現実かお分かりいただけるでしょうか?話をしようとしても伝わらない。水を飲めば鼻から漏れてくる。食事を取ろうとすると飲み込みが上手くいかない。整容性の不調和が生じる顔面が、常に社会的にさらされている。腫瘍を切除するのは理解をし、仕方のないことと頭がどれだけわかっていても、日常生活の困難さには心が悲鳴を上げるのが当然です。

 

本科にはそのような患者さんたちが、外科手術を施行した担当医より紹介を受け、多くの不安と期待を携えて我々の診療科を受診なさります。その新患患者さんを対象として行われる診断では、前もって担当医が情報収集してくれた病歴をもとに、診療方針のディスカッションを担当医、担当医以外の医局員、患者さん、ご家族らと共に重ねます。具体的には、現在直面している問題点、その中でもご本人が最も苦痛に感じている点を明確にし、どのような順番にどのような顎顔面補綴治療を行うのか、そして今後執り行う顎顔面補綴治療でどこまで回復を望めるのかを知っていただきます。

我々の診療外来の顎義歯外来には、これまでの35年間の機能回復症例や社会復帰症例を保有していますので、限界も含め、具体的な経験をお話できます。それを基に共通の理解を深めていくことになります。この時間を共有することで、治療方針が決まるだけでなく、担当医も患者さんも同じ方向を向いて進んでいくことができ、また臨床を学ぶ先生方にとっては、顎顔面補綴治療の検査・診断ポイントを理解、習得する時間になります。

 腺様嚢胞がんの切除に後遺した上顎欠損症例。オブチュレータの適用にて口腔機能と整容性の回復を可能とした。1)

 

どのような治療でも診断が重要ですが、顎顔面補綴治療では他職種との連携で成り立つ治療のため、より重要になります。診断を円滑に進めていくには、情報提供書を通した医療者間でのコミュニケーションと、患者さんには傾聴をすることの、2つの柱が必須となります。また、形態といった器質的不全に眼を向けるだけではなく、機能不全に陥っている舌や軟口蓋といった軟組織の動きにも目を配る能力が要求されます。そのため顎顔面補綴医は、自然と他職種連携と機能不全への対応が自然に身に着き、歯科医師として広い目を養うのにとても有効だと言えるのではないでしょうか?

また、多くの方が亡くなるまで本科に通院なさるので長期症例を散見でき、それらの情報を基に自身の診療方針の立案に役立てることも可能です。その結果、医局員のほぼ全員が日本補綴歯科学会の指導医、専門医を所有し、勿論日本顎顔面補綴学会の認定医を所有していることにもつながっているのではと思っています。

 

頭頸部欠損という現実と闘う方々のそばに、切除や再建といった外科サイドの医療者でなく、顎顔面補綴によるリハビリを行える医療者である顎顔面補綴医が患者さんが天寿を全うするまでの期間、長く寄り添うことは、大変意義深いことだと私は考えています。

 

上顎洞がん切除により眼窩を含む欠損が後遺し、オブチュレータと顔面エピテーゼの併用にて、整容性の回復と咀嚼・嚥下・発音の回復を可能にした症例。2)

 

残念ながら、世界での顎顔面補綴医の数は少なく、顎顔面欠損患者にとってさらに厳しい状況が続くと予測されます。勿論日本でも同様です。特にこれから超高齢社会のピークを迎え、頭頸部がん患者の数が増える今、医病と歯病を繋げ、そしてよりよく生きるための支えを行う顎顔面補綴治療、顎顔面補綴研究、教育に少しでも多くの先生方に興味を持っていただき、一緒にご参画いただければ幸いです。

臨床は勿論、社会保険問題や、顔面エピテーゼ材料問題などについて、共に取り組んで下さる方を、心よりお待ち申し上げます。

 

 

参考文献

1)隅田 由香、左側上顎骨切除患者に対して金属床顎義歯を適用し、機能回復を図った1症例。日本補綴歯科学会誌1(1)109-112,2009.

2)Sumita, H. Taniguchi, S. Okazaki, C. Prunkngarmpun, N. Minamisawa, T. Otomaru, K Inohara.

Utilizing an OP-Anchor Attachment to Enhance Retention for a Combined Facial Prosthesis and Obturator: A Case Study. International Journal of Anaplastology 3(1): 38-43, 2009.

執筆者

隅田 由香の画像です

隅田 由香

歯科医師・歯学博士

東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科顎顔面補綴学分野

顎顔面補綴を専門に扱う顎顔面補綴医として、世界で唯一独立した顎顔面補綴学分野を有する東京医科歯科大学(TMDU)に所属し、多くの臨床、研究、教育に携わっている。

LINEで送る

記事へのコメント(0)

人気記事ランキング

おすすめのセミナー

  Perio Health Institute Japan UPDATE MEETING 2021の画像です

Perio Health Institute Japan UPDATE MEETING 2021

日時
2021年2月21日(Sun)
9:00 - 18:00(最終セッション終了)
※全てのライブ動画は、閉会後一定期間視聴可能とさせていただく予定です。
会場
全行程オンライン開催
※当WEBサイトのログインページよりセッション会場へアクセスいただきます。
費用
通常申し込み価格
(個人の方 )
歯科医師:44,000円
歯科衛生士・歯科技工士・学生・その他 : 22,000円
(団体の方)
歯科医師:35,200円
歯科衛生士・歯科技工士・学生・その他 : 17,600円
※団体割引は1医院で10名以上申し込まれる場合に適応されます。(1人あたり通常の20%引き)

早期申し込み割引
※早割は11月30日午後5時をもって終了となります
歯科医師 : 33,000円
歯科衛生士・歯科技工士・学生・その他 : 16,500円

※価格は全て消費税込みの表記です。

申込方法
本イベントは完全予約制となっております。

支払方法
オンライン決済のみ対応
詳細を見る
[Live]JIADSエッセンシャルコース THE CLINICAL DENTISTRY~成功に導くためのエッセンス~の画像です

[Live]JIADSエッセンシャルコース THE CLINICAL DENTISTRY~成功に導くためのエッセンス~

日時
[録画配信中]第1回:2020年9月16日(水)
小野善弘先生、瀧野裕行先生
JIADSの歩み~ Longevity達成のために~    

[録画配信中]第2回:10月15日(木)
土岡弘明先生、松井徳雄先生
予知性の高い歯周外科処置の実践

第3回:11月19日(木)
大川敏生先生、根本康子先生
再生療法を成功に導くテクニック

第4回:12月17日(木)
渥美克幸先生、浦野智先生
総合治療におけるエンドとペリオの考え方

第5回:2021年1月13日(水)
小野晴彦先生、高井康博先生
予知性の高いインプラント治療の実践

第6回:2月18日(木)
中家麻里先生、佐分利清信先生
インプラントや矯正治療を応用した包括歯科治療

第7回:3月18日(木)
中村公雄先生、佐々木猛先生
歯周治療と補綴・インプラント治療の連携
会場
ご自宅や診療室(インターネット経由)
費用
77,000円(税込)

領収書は、マイページ>申込み済みライブ配信>領収書 よりダウンロードいただけます
詳細を見る
全部床義歯ベーシッククラス[全8回/16日間]の画像です

全部床義歯ベーシッククラス[全8回/16日間]

日時
[大阪]
第1回 4月10日(土)11日(日)
第2回 4月24日(土)25日(日)
第3回 5月15日(土)16日(日)
第4回 6月5日(土)6日(日)
第5回 7月3日(土)4日(日)
第6回 8月21日(土)22日(日)
第7回 9月11日(土)12日(日)
第8回 10月16日(土)17日(日)

[東京]
第1回 4月17日(土)18日(日)
第2回 5月8日(土)9日(日)
第3回 5月22日(土)23日(日)
第4回 6月26日(土)27日(日)
第5回 7月10日(土)11日(日)
第6回 8月28日(土)29日(日)
第7回 10月2日(土)3日(日)
第8回 10月30日(土)31日(日)

土曜日14:30〜19:00 / 日曜日9:30〜16:00
会場
[大阪]ハイライフデンチャーアカデミーセミナールーム
大阪市北区梅田2丁目6-20 パシフィックマークス西梅田2F

[東京]東京駅近郊を予定

※状況に応じてオンラインでの受講も対応
費用
120万円(税別)
※日曜日昼食代、テキスト費用込
詳細を見る
第5回 有床義歯学会学術大会の画像です

第5回 有床義歯学会学術大会

日時
12月13日(日)〜31日(木)
会場
WEB開催
費用
JPDA会員 無料
非会員 3,000円
詳細を見る
最新のデジタルデンチャーとそのソリューションを体感するの画像です

最新のデジタルデンチャーとそのソリューションを体感する

日時
第1部:11月26日(木)20:00〜22:40
第2部:12月13日(日)9:30〜12:10
第3部:12月19日(土)19:30〜22:10
会場
WEB開催(DDSJ2020特設WEBサイト)
費用
<早割・10月31日までのお申込>
歯科医師  18,000円
歯科技工士 13,000円
学生     8,000円
企業・一般 20,000円

<通常申込>
歯科医師  23,000円
歯科技工士 18,000円
学生     13,000円
企業・一般 25,000円
詳細を見る
0825_1の画像です