歯科医師によるPCR検体採取についての見解 日本歯科医師会 / WHITE CROSS編集部 - WHITE CROSS 歯科医療従事者専用サイト

厚生労働省は26日に、新型コロナウイルスの罹患を調べるPCR検査について、歯科医師による患者からの検体採取を認めると発表した。
 

 
翌27日、日本歯科医師会は医療崩壊防止に向けてPCR検査体制の構築に協力していくために、そのホームページ上で、現時点で確認できている事項を整理し、日本歯科医師会の見解をとりまとめたものを発表した。
 
日本歯科医師会の見解を正しく理解し、対応していくことが求められている。当見解が一人でも多くの歯科医療従事者に届くことを願う。
日本歯科医師会 プレスリリース
日本歯科医師会は4月27日、厚生労働省が通知予定の「新型コロナウイルス感染症に関するPCR検査のための鼻腔・咽頭拭い液の採取の歯科医師による実施」について、現時点で確認できている事項を整理し、日本歯科医師会の考え方をとりまとめました。今回の件について、日本歯科医師会では、厚生労働省からの打診を受けて、日…
新規登録・ログインして全文を読む

続きを読むには会員登録(無料)が必要です
登録によりWHITE CROSSの他サービスもご利用いただけます

執筆者

WHITE CROSS編集部

WHITE CROSS編集部

臨床経験のある歯科医師・歯科衛生士・歯科技工士・歯科関連企業出身者などの歯科医療従事者を中心に構成されており、 専門家の目線で多数の記事を執筆している。数多くの取材経験を通して得たネットワークをもとに、 歯科医療界の役に立つ情報を発信中。

LINEで送る

記事へのコメント(4)

歯科医師
匿名先生 2020/04/30 17:53
歯科医師
匿名先生 2020/05/01 07:48

人気記事ランキング