高血圧・肥満が現代人の寿命を最も縮めるー70万人のゲノムによるリスク予測ー 東京大 / WHITE CROSS編集部 - WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

東京大学は3月24日、日本・イギリス・フィンランドが保有する合計70万人のゲノム情報を解析する手法を開発し、人種横断的に高血圧・肥満が現代人の寿命を縮める原因になっていることを明らかにしたと発表した。
 
この研究は、大阪大学大学院医学系研究科 遺伝統計学教室 坂上沙央里大学院生(東京大学大学院医学系研究科 博士課程)、金井仁弘特別研究生(ハーバード大学医学部 博士課程)、岡田随象教授らの研究グループによるもの。 
 
疾病リスクが診断できても臨床応用に課題があった遺伝的診断
この20年間の大規模なヒトゲノム研究により、ゲノム上の多様性がどのように病気や個人の特徴(形質)に影響を与えているかについて全体像が明らかになってきた。
 
一般的な病気や形質に与える遺伝要因の影響は「ポリジェニック(※1)」、すなわち個々では非常に小さな一つの遺伝的変異の影響の数十〜数千個にわたる組み合わせと足…
新規登録・ログインして全文を読む

続きを読むには会員登録(無料)が必要です
登録によりWHITE CROSSの他サービスもご利用いただけます

執筆者

WHITE CROSS編集部

WHITE CROSS編集部

臨床経験のある歯科医師・歯科衛生士・歯科技工士・歯科関連企業出身者などの歯科医療従事者を中心に構成されており、 専門家の目線で多数の記事を執筆している。数多くの取材経験を通して得たネットワークをもとに、 歯科医療界の役に立つ情報を発信中。

LINEで送る

記事へのコメント(0)

人気記事ランキング

0825_2の画像です