歯科医院にキャッシュを残す6つのポイント 第4回:「人に投資して受けられる節税スキーム」 / 山下 剛史 - WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

こんにちは。
税理士法人キャスダックの山下です。
第4回は、人に投資して受けられる節税スキームをお伝えいたします。それでは早速、始めていきましょう。
 

人材に大きく投資すると受けられる2つの節税スキーム
第3回で、歯科医院の経営分析において最も重要な指標は「人件費」であることをお伝えしました。医院にお金を残すためには、人件費率を適切な基準値に保つことが必要です。しかし、医院を発展させるためには、いったん基準値の枠を外し、先行投資として人件費を増やすべきというのも事実です。実は、この先行投資の戦略を考えている先生にとって、現在、追い風ともいうべき制度を国が用意してくれています。それは、「雇用促進税制」と「所得拡大税制」という2つの制度です。今回は、このうち、「雇用促進税制」についてお話します。
 
「雇用促進税制」とは?
「雇用促進税制」とは簡単にいうと、雇用保険の被保険者となる…
新規登録・ログインして全文を読む

続きを読むには会員登録(無料)が必要です
登録によりWHITE CROSSの他サービスもご利用いただけます

執筆者

山下 剛史の画像です

山下 剛史

税理士・行政書士・CFP

税理士法人キャスダック 代表

LINEで送る

記事へのコメント(0)

関連記事

人気記事ランキング

おすすめのセミナー