欧州心臓病学会の機関誌である the European Journal fo Preventitive Cardiaology にて12月1日発表された研究成果によると、1日3回以上ブラッシングを行うことで心房細動の発症リスクが10%、心不全の発症リスクが12%低減されるという。
 
同研究は、韓国国民健康保険システムに登録された心房細動と心不全の既往歴のない40歳から79歳の患者161,286名を対象とした後ろ向きコホート研究である。対象群は2003年から2004年にかけて定期健診を受け、身長・体重・臨床検査結果・病歴・ライフスタイル・口腔健康状態・口腔清掃習慣についてのデータが収集された。その後、中央値として10.5年間の経過観察が行われ、その間に4,911名(3.0%)が心房細動を発症し、7,971名(4.9%)が心不全を発症したという。
 
分析の結果、1日3回以上ブラッシングしている群は、していない群と比較して心房細動の発症リスクが10%、心不全の発症リスクが12%低かったとい…
新規登録・ログインして全文を読む

続きを読むには会員登録(無料)が必要です
登録によりWHITE CROSSの他サービスもご利用いただけます

執筆者

WHITE CROSS編集部

WHITE CROSS編集部

臨床経験のある歯科医師・歯科衛生士・歯科技工士・歯科関連企業出身者などの歯科医療従事者を中心に構成されており、 専門家の目線で多数の記事を執筆している。数多くの取材経験を通して得たネットワークをもとに、 歯科医療界の役に立つ情報を発信中。

LINEで送る

歯科医師コメント(0)

コメントをみる・投稿する

コメント機能のご利用には歯科医師確認が必要です

人気記事ランキング