全顎補綴に必要な診断力を身につける / 杉田 龍士郎 - WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

米国補綴専門医、テキサス大学サンアントニオ校歯学部歯周病科所属の杉田龍士郎です。

私が米国に来てから5年が経過しようとしています。その間に様々なことを経験し、米国歯科の強みはやはり「診断」にあることを実感しています。

 

そこで今回、ホワイトクロスに協力いただいて、「1口腔単位の診断」にテーマを絞って約6時間(イントロダクション1本 + 本編3本)の講義動画を収録しました。約30分間のイントロダクション(※1)は無料で公開しておりますので、ぜひご視聴いただければと思います。

※1 イントロダクションは該当ページ『▶︎予告編を見る』のボタンからご視聴いただけます。

 

画像クリックで視聴ページへ

  

  

 

「1口腔単位の診断」と聞いて、皆様どのような印象をお持ちになるでしょうか?

 

僕が医科歯科大学の学生だった頃、患者の主訴だけにとらわれるのではなく、口腔全体を見るようにしなければダメだと指導教官から口を酸っぱくして言われました。

当時、学生の診療室には「イエローカード」と呼ばれる診査表があって、初診時に記入することが義務付けられていました。そこで僕が当時実践していたことが、1本1本の歯を見ながら、どこにう蝕病変があるか、どこに深いポケットがあるか逐一記入し、患者さんごとの「病気のリスト」を作成し、治療計画はこれを順番に並べることでした。そして、それこそが「1口腔単位の診断」であると信じて疑っておりませんでした。

 

ところが、卒業して様々な患者さんを診るようになって、う蝕や歯周病を中心とした「Disease-Based」の診断では対応できない症例があるということに気づくようになりました。そして、そのような症例に遭遇すると自分ではもうどうして良いかわからないので、マルモをとって上の先生に聞く、ということが常態化していました。

ところが、こうしたやり方ですと、過去に似たような症例を経験していればなんとなく診断・治療計画立案の糸口が見つかるものの、そうでない場合はやはり上の先生に聞くしかなく、全く応用力が身につかないという状況が続きました。若さゆえの経験不足を補うべく、著名な先生が書かれた日本語の教科書を読んだり、講習会に足繁く通いましたがなかなか自分の成長を実感できませんでした。

 

そんな中、米国補綴科に留学が決まり、そこで「1口腔単位の診断=Comprehensive Diagnosis」をつぶさに学ぶことができました。いわゆる「診断学」ですね。米国では1口腔単位の診断はう蝕、歯周病、トゥースウェアー、審美と4つの大きなカテゴリーに基づいてシステマティックに症例分析を行っていくため、いかなる症例でもほぼ自動的に診断が下せるようになりました。また、最終的な治療アウトカムを念頭に置いて行われるトップダウン型の治療計画立案システム「Facially Generated Treatment Planning」を実践することで、口腔内の指標が失われた難症例にも対応する力が身につきました。

 

杉田先生がサンアントニオ補綴科で治療にあたった症例

う蝕病変、深いポケットはなく、日本の歯学部教育で習う、う蝕・歯周病を中心とした診断システムでは診断および治療計画の立案が困難であった

 

本講義シリーズでは、咬合診断、エビデンスに基づく審美診断、そして3大歯科疾患の総合診断をテーマとした一連の講義を通じて1口腔単位の診断に必要な十分な知識を提供するとともに、上記に示す症例について、杉田がどのように診査・診断し、実際に治療を行なったかを示すことによって、これらの知識を実際の臨床にどう落とし込むかというところまでお話しできればと考えております。

 

全顎補綴に必要な診断力を身につける【全3回コース】はこちら

 

  

WHITE CROSSからのご案内

合わせて受講したい!クラシックリトレチャーレビューコースのご紹介

杉田先生の講義シリーズは全てエビデンスベースで行われており、一つ一つの発言全てに根拠となる論文が存在します。そして、今回の講義のベースになったおよそ50の論文一つ一つを解説したコースがクラシックリトレチャーレビューコースです。リンク

 

WCCHの講義を見て、是非一つ一つの論文の内容も知りたい!という方はクラシックリトレチャーレビューコースも受講してみてはいかがでしょうか?あるいは、コースを先に受講して、これらのエビデンスを使った作例(プレゼンテーション)はどのようなものになるのか気になりましたらWCCHの講義を視聴するとより理解が深まると思います。

 

また、Facebookページでは、杉田先生が米国で日々学んでいることを中心に記事を投稿されています。こちらは登録無料で、すでに575人が参加されていますので是非そちらも参加申請をしてみてくださいFBリンク

 

 

WCCH(WHITE CROSS チャンネル)のご紹介 

WHITE CROSSチャンネルとは、歯科向け情報サイトWHITE CROSSが運営する、セミナー配信プラットフォームです。ご自宅や診療室から、スマホひとつで良質な歯科セミナーに参加することができます。

 

画像クリックで WCCH へ

執筆者

杉田 龍士郎の画像です

杉田 龍士郎

歯科医師・米国補綴専門医

テキサス大学歯学部サンアントニオ校

LINEで送る

記事へのコメント(0)

人気記事ランキング

おすすめのセミナー

[Live]JIADSエッセンシャルコース THE CLINICAL DENTISTRY~成功に導くためのエッセンス~の画像です

[Live]JIADSエッセンシャルコース THE CLINICAL DENTISTRY~成功に導くためのエッセンス~

日時
第1回:2020年9月16日(水)
小野善弘先生、瀧野裕行先生
JIADSの歩み~ Longevity達成のために~    

第2回:10月15日(木)
土岡弘明先生、松井徳雄先生
予知性の高い歯周外科処置の実践

第3回:11月19日(木)
大川敏生先生、根本康子先生
再生療法を成功に導くテクニック

第4回:12月17日(木)
渥美克幸先生、浦野智先生
総合治療におけるエンドとペリオの考え方

第5回:2021年1月13日(水)
小野晴彦先生、高井康博先生
予知性の高いインプラント治療の実践

第6回:2月18日(木)
中家麻里先生、佐分利清信先生
インプラントや矯正治療を応用した包括歯科治療

第7回:3月18日(木)
中村公雄先生、佐々木猛先生
歯周治療と補綴・インプラント治療の連携
会場
ご自宅や診療室(インターネット経由)
費用
77,000円(税込)

領収書は、マイページ>申込み済みライブ配信>領収書 よりダウンロードいただけます
詳細を見る
現在の咬合は患者様にとって正しいと言い切れますか?の画像です

現在の咬合は患者様にとって正しいと言い切れますか?

日時
11月8日(日)10:00〜16:00※新型コロナウイルス感染症拡大予防のため中止
会場
興亜宮崎ビル・高千穂ホール8F
宮崎県宮崎市広島2丁目5番16号 興亜宮崎ビル8F
費用
17,600円(税・昼食込)
詳細を見る
[Live]Back to the Basics 今こそ、プレパレーションを見直そう!の画像です

[Live]Back to the Basics 今こそ、プレパレーションを見直そう!

日時
[録画配信中]第1回 
[録画配信中]第2回 
第3回 10月1日(木)19:00~21:00

*本セミナーはイベント終了後、1ヶ月間の録画視聴期間を予定しています
*録画視聴は準備が整い次第、メールにてご連絡差し上げます
会場
ご自宅や診療室(インターネット経由)
費用
29,700円(税込)

領収書は、マイページ>申込み済みライブ配信>領収書 よりダウンロードいただけます
詳細を見る
デジタル時代の補綴・咬合治療における Science & Artの画像です

デジタル時代の補綴・咬合治療における Science & Art

日時
10月25日(日)10:00〜16:00※新型コロナウイルス感染症拡大予防のため中止
会場
アットビジネスセンター横浜西口駅前 603号室
横浜市西区北幸1-8-4 日土地横浜西口第二ビル6F
費用
25,330円(税・昼食込)
詳細を見る
[Club GP]Basic Program 第3期の画像です

[Club GP]Basic Program 第3期

日時
※新型コロナウイルス感染拡大予防のため、今年度は中止

5月19日
6月16日
7月21日
7月28日★実習
8月18日
9月15日
10月20日
10月27日★実習
11月17日
11月24日★実習
12月22日
1月19日
2月16日
3月23日
4月13日★実習

各回火曜日 20:30〜22:30
会場
Club GP 研修室 & Club GP Salon
大阪市鶴見区放出東3-6-9 サトウ歯科デンタルインプラントセンター大阪
費用
申込金(年会費)25,000円
Club GP の定例会、年次総会、文献抄読会の参加費含む

受講料
セミナー 5,000円
実習 8,000円(模型・材料代別途)
チェアーサイドの支台歯形成実習 12,000円
詳細を見る
0825_2の画像です