米国ペンシルバニア大学の研究チームが、磁気でコントロールされるマイクロロボットの群れがデンタルバイオフィルムを分解・破壊し、プラークを除去したと発表した。この報告は、Science Robotics に掲載されている。

 

研究チームは、ペンシルバニア大学の歯科医師、生物学者、そしてエンジニアによって構成されている。

2種類のマイクロロボットが開発されており、1つは歯牙の表面で2次元的に活動するロボット、もう1つは閉ざされた空間で3次元的に活動するロボットである。

 

これらのロボットは、CARs(catalytic antimicrobial robots)と呼ばれ、効果的にバクテリアを殺し、その周囲にあるマトリックスを分解し、その残骸を綺麗に取り除くという。それぞれのCARsについて、バイオフィルが成長している平面ガラスの表面、閉鎖されたガラス管において試験された後、抜去歯を用いた試験が行われた。

 

その結果、アクセスしやすい歯牙の表面のみならず、歯髄腔のイスムスにおいてもバイオフィルムの除去に成功したという。Penn Todayのホームページでは、実際にCARsが動いている動画を見ることができる。

 

出典: Penn Today_An army of microrobots can wipe out dental plaque

 

CARsは、う蝕予防、歯内療法における感染、そしてインプラント周囲炎のリスクを下げるなど、様々なシーンで活用できる可能性があるという。

 

研究チームのHyun Koo氏は、

この技術は、抗生物質に頼らない時代が近づいているという意味で、歯科医療のみならず薬剤耐性のあるバイオフィルムの影響を受けている他の医療領域においても重要です。

などと述べている。

 

ペンシルバニア大学の支援を受け、現在、臨床適応に向けて準備が進められているという。

 

 

にわかには信じがたいSF映画のような話だが、ヘルステックは日進月歩で進化しており、歯科医療も例外ではない。

歯科医療が根本から大きく革新される可能性を感じさせられる、そんなニュースだ。

 

 

出典

Penn Today_An army of microrobots can wipe dental plaque 

執筆者

WHITE CROSS編集部

WHITE CROSS編集部

臨床経験のある歯科医師・歯科衛生士・歯科技工士・歯科関連企業出身者などの歯科医療従事者を中心に構成されており、 専門家の目線で多数の記事を執筆している。数多くの取材経験を通して得たネットワークをもとに、 歯科医療界の役に立つ情報を発信中。

LINEで送る

歯科医師コメント(0)

コメントをみる・投稿する

コメント機能のご利用には歯科医師確認が必要です

人気記事ランキング

おすすめのセミナー

Digital Dentistry World Tour 2019 in Japanの画像です

Digital Dentistry World Tour 2019 in Japan

日時
10月6日(日)10:00〜16:00
会場
鉄鋼ビルディング 4F ROOM3.4.5
東京都千代田区丸の内1丁目8-2
費用
無料(昼食付)