P.gingivalisのエネルギー獲得に重要な2種類の酵素の性質と⽴体構造が解明 岩手医科大
ニュース 2019/05/11

P.gingivalisのエネルギー獲得に重要な2種類の酵素の性質と⽴体構造が解明 岩手医科大

WHITE CROSS編集部
岩手医科大学は4月11日、代表的な歯周病菌であるPorphyromonas gingivalisのエネルギー獲得に関与する2種類の酵素(リン酸トランスアセチラーゼと酢酸キナーゼ)の性質と立体構造を明らかにしたと発表した。
 
この研究は、愛知学院⼤学⻭学部の吉⽥康夫准教授(元岩⼿医科⼤学⻭学部准教授)と岩⼿医科⼤学薬学部の⽑塚雄⼀郎助教、野中孝昌教授らからなる研究グループによるもの。 
 
明らかにされていなか…
新規登録・ログインして全文を読む

続きを読むには会員登録(無料)が必要です
登録によりWHITE CROSSの他サービスもご利用いただけます

WHITE CROSS編集部
LINEで送る

歯科医師コメント(0)

コメントをみる・投稿する

コメント機能のご利用には歯科医師確認が必要です

人気記事ランキング

おすすめのセミナー