摂食支援の知識と技術を身につける 日本摂食支援協会
ニュース 2019/05/16

摂食支援の知識と技術を身につける 日本摂食支援協会

WHITE CROSS編集部
超高齢社会の日本において、高齢者における口腔ケアや摂食嚥下リハビリテーションの担い手を育てることが歯科医療に求められている。
 
2025年には団塊の世代700万人が後期高齢者となり、65才以上の人口は全人口の30%に達することが見込まれている。さらに2035年には年間165万人の死亡者の内、47万人分の病室が足りない状況となることが推定されており、2035年までは摂食嚥下リハビリテーションを必要とする患者さんは増…
新規登録・ログインして全文を読む

続きを読むには会員登録(無料)が必要です
登録によりWHITE CROSSの他サービスもご利用いただけます

WHITE CROSS編集部
LINEで送る

歯科医師コメント(0)

コメントをみる・投稿する

コメント機能のご利用には歯科医師確認が必要です

人気記事ランキング

おすすめのセミナー