近年、口腔ケアの重要性が社会的に見出され、医療・介護の世界において大きなムーブメントとなってきている。今や口腔ケアは、在宅や介護施設のみならず病院においても浸透し始めている。この流れを受け、2025年から始まる地域包括ケアシステム時代において口腔ケアの重要性は、医療従事者のみならず一般人にとっても当たり前のこととして浸透しているのではなかろうか。
 
著者の米山武義先生は、高齢者における口腔ケアの価値が全く見出されていなかった1990年代初頭より、介護施設で口腔ケアと誤嚥性肺炎の関連を調べる研究を行い、情報発信を続けてきた。平成という時代を通して、口腔ケアの概念そのものを作り上げ、日本社会がその価値を見出すまでに至らせてきたその歯科医療人生の功績は大きく、短期的には日本社会において、中長期的には人類の医療福祉に大きな影響を与えるものであろう。
 
WHITE CROSSでは、米山先生のインタビューを…
新規登録・ログインして全文を読む

続きを読むには会員登録(無料)が必要です
登録によりWHITE CROSSの他サービスもご利用いただけます

執筆者

WHITE CROSS編集部

WHITE CROSS編集部

臨床経験のある歯科医師・歯科衛生士・歯科技工士・歯科関連企業出身者などの歯科医療従事者を中心に構成されており、 専門家の目線で多数の記事を執筆している。数多くの取材経験を通して得たネットワークをもとに、 歯科医療界の役に立つ情報を発信中。

LINEで送る

歯科医師コメント(0)

コメントをみる・投稿する

コメント機能のご利用には歯科医師確認が必要です

関連記事

人気記事ランキング

おすすめのセミナー