医科において、旧来の学会が専門医を認定する制度(学会認定医制)に代わり、中立な第三者機関が専門医を認定する制度(新専門医制)が作られようとしている。
 
2014年に発足した一般社団法人日本専門医機構がその中立な第三者機関としてイニシアティブをとる予定だ。基本領域の18学会を社員として認定している。
 
新専門医制度には、研修プログラムの客観的評価や地域偏在を生まない仕組み、総合診療専門医も導入される予定で、より実態を伴った専門医制度として期待がされている(参考:[国内ニュース]20年後を見据えた医療策定が始まっている。歯科の進むべき方向性とは?)
 
 
しかし今月7日に、日本医師会(横倉義武会長)を始めとする5団体より緊急会見が行われ、前述の日本専門医機構らに制度施行の延期を求める声明が発表された。声明では、
 
・2017年に合わせた導入は拙速であり、一度立ち止まって検討の場…
新規登録・ログインして全文を読む

続きを読むには会員登録(無料)が必要です
登録によりWHITE CROSSの他サービスもご利用いただけます

執筆者

WHITE CROSS編集部

WHITE CROSS編集部

臨床経験のある歯科医師・歯科衛生士・歯科技工士・歯科関連企業出身者などの歯科医療従事者を中心に構成されており、 専門家の目線で多数の記事を執筆している。数多くの取材経験を通して得たネットワークをもとに、 歯科医療界の役に立つ情報を発信中。

LINEで送る

歯科医師コメント(0)

コメントをみる・投稿する

コメント機能のご利用には歯科医師確認が必要です

人気記事ランキング