歯周病発見AIの共同研究始まる。スマホ活用で検診受診率向上を 東北大・ドコモ
ニュース 2019/02/27

歯周病発見AIの共同研究始まる。スマホ活用で検診受診率向上を 東北大・ドコモ

WHITE CROSS編集部
東北大学と株式会社NTTドコモは2月21日、生活習慣病や歯の喪失を引き起こす歯周病を早期発見できる社会をめざし、歯周病発見AIの共同研究を行うと発表した。
 
歯周病検診の受診率は全国で4.3%
歯周病は、平成28年の歯科疾患実態調査によると、20歳代で約61%、40歳代で約71%、60歳代で約75%の方に所見が見られる。
40歳~70歳を対象とした歯周病検診の受診率は全国で4.3%と推定されており、重症化してから来院する…
新規登録・ログインして全文を読む

続きを読むには会員登録(無料)が必要です
登録によりWHITE CROSSの他サービスもご利用いただけます

WHITE CROSS編集部
LINEで送る

歯科医師コメント(0)

コメントをみる・投稿する

コメント機能のご利用には歯科医師確認が必要です

人気記事ランキング

おすすめのセミナー