2018年11月21日の20時より、佐藤琢也先生のライブ講演会が行われた。

佐藤先生は、大学院在籍中に若手歯科医師のスタディーグループ「Club GP」を設立。UCLA(カリフォルニア大学ロサンゼルス校)に留学し、インプラントや骨再生治療の分野で世界的に著名なDr.サーシャ・ジョバノビックに師事。その治療技術は海外でも高く評価され、現在もClub GPの活動を通じて後進の育成や科学的根拠に基づいた治療の普及に尽力している。

今回はテーマを『切開と縫合のセオリー』とし、低侵襲で審美性の高い外科の基本コンセプトについて解説された。

本レポートでは、講演のサマリーやライブ配信の様子を報告する。
また、12月6日(木)までの期間限定で「振り返り視聴」としてセミナーのオンデマンド配信が行われているため、見逃した方もぜひご活用いただきたい(記事末尾にご案内)。

 

Macro Surgery VS Micro Surgery

 

佐藤先生は冒頭、いくつかの長期経過症例を供覧しながら、マイクロサージェリーの有用性を語った。

その目指すところは、瘢痕がなく、左右対称で、負担の少ない治療結果であるという。マイクロスコープの使用でしか達成し得ない術式は存在するものの、マイクロスコープの使用はあくまでツールであってゴールではないことを強調した。

 

 

 

それでは、マイクロサージェリーとコンベンショナルな外科を比較した場合の優位性とは何であろうか。

佐藤先生は、エビデンスが少なく経験則で語られがちな分野であることに触れた上で、1本の文献を提示。その文献によると、治療成績自体に大きな差はないものの、血管の創生や治癒に大きな差が生じたのだという。

“低侵襲である”ことは、ただそれだけでその治療方法を選択するシンプルな理由になると佐藤先生は語った。

 

切開と縫合のセオリー

 

続いてトピックはメインテーマである切開と縫合のセオリーに入る。

切開やフラップのデザインにはある一定のルールがあり、その背景は虚血壊死や乳頭退縮の防止にあるという。

部分層弁と全層弁の違い、Remote flap designとLimited flap designの適応、血流の解剖、角化歯肉と歯槽粘膜の扱い方、減張切開のセオリーなど、口腔外科小手術を行う上で誰もが知っておきたいベーシックからアドバンスまでを詳細に解説した。

 

 

 

縫合のパートでは、マットレス縫合、連続縫合などの術式ごとに、オリジナルのビデオを用いて針と糸の動きを説明。

ときにジョークを交えながら、分かりやすさを最重視してレクチャーする佐藤先生。本動画を繰り返し見ながらトレーニングを積むことで、外科に苦手意識を持っている方でも楽しく臨床に臨むことができると感じさせる。

 

Case Presentation

 

フィナーレは佐藤先生の中でも印象的な3つのケースを供覧。「MIS(Minimally Invasive Surgery)による天然歯周囲歯肉の審美性の獲得」、「難易度の高い骨欠損症例におけるインプラントとMIS」というテーマのもと、低侵襲かつ患者満足度の高い症例を前に、オンライン会場からも感嘆の声が挙がった。

質疑応答と振り返り視聴

 

本セミナーは生放送で行われているため、全国から多数の質問がリアルタイムで寄せられた。

 

 ウェブ経由で全国から寄せられた質問にその場で回答する佐藤先生

 

・部分層弁でパーフォレーションしないコツを教えてください

・ジオメトリックスーチャーはほどける心配はないのでしょうか?

・減張切開がうまくいきません。コツを教えてください

・縫合糸、針の使い分けの目安があれば教えてください

・前歯部のインプラントの埋入方向のトレーニングについて、等8問

 

 

振り返り視聴のお知らせ

ライブ配信は終了していますが、当日見逃した方のために振り返り視聴(録画配信)を設けています。これからお申し込みいただいてもセミナーを視聴することが可能です。

※振り返り視聴は2018年12月6日(木)24:00 までの期間限定サービスとなります。

 

 本セミナーは終了しました

執筆者

WHITE CROSS編集部

WHITE CROSS編集部

臨床経験のある歯科医師・歯科衛生士・歯科技工士・歯科関連企業出身者などの歯科医療従事者を中心に構成されており、 専門家の目線で多数の記事を執筆している。数多くの取材経験を通して得たネットワークをもとに、 歯科医療界の役に立つ情報を発信中。

LINEで送る

歯科医師コメント(0)

コメントをみる・投稿する

コメント機能のご利用には歯科医師確認が必要です

人気記事ランキング

おすすめのセミナー

[Club GP]Basic Program   第2期生 募集中

[Club GP]Basic Program 第2期生 募集中

日時
すべて火曜 20:30〜22:30

[セミナー]
7月16日 補綴疫学、支台築造
8月20日 支台歯形成(クラウン)
9月17日 審美修復(ベニア)
10月15日 歯周(バイオロジー)
11月19日 歯周(SC・SRP)
12月10日 歯周(切開・縫合)
1月21日 歯周(歯周外科)
2月18日 根管治療(総論)
3月17日 根管治療(拡大・形成)
4月21日 根管治療(根管充填)

[実習]
8月27日 支台歯形成(クラウン)
9月24日 審美修復(ベニア)
11月26日 歯周(SC・SRP)
12月17日 歯周(切開・縫合)
4月28日 根管治療(根管充填)
会場
Club GP 研修室 & Club GP Salon
大阪市鶴見区放出東3-6-9 サトウ歯科・デンタルインプラントセンター大阪内
費用
申込金(年会費)25,000円
Club GP の定例会、文献抄読会、年次総会の参加費含む

受講料
セミナー 5,000円
実習 8,000円(模型・材料代別途)
チェアーサイドの支台歯形成実習 12,000円
インプラント A to Z  - インプラントの基礎から審美、マイナーGBRまで − 【8日間コース】

インプラント A to Z - インプラントの基礎から審美、マイナーGBRまで − 【8日間コース】

日時
第一回 8月24日(土)、25日(日)
第二回 9月28日(土)、29日(日)
第三回 11月9日(土)、10日(日)
第四回 12月7日(土)、8日(日)

土曜日 14:00〜19:00
日曜日 10:00〜17:00
会場
Club GP 研修室 & Club GP Salon
大阪市鶴見区放出東3-6-9 サトウ歯科・デンタルインプラントセンター大阪内
費用
28万円(税・模型代込)
[Live]The Edge of Dentistry  全6回コース

[Live]The Edge of Dentistry 全6回コース

日時
[録画配信中]第1回 山﨑長郎先生
[録画配信中]第2回 北原信也先生
[録画配信中]第3回 植松厚夫先生
[録画配信中]第4回 鈴木真名先生
[録画配信中]第5回 日高豊彦先生
第6回 7月25日(木)20:00〜

*すでに第1回、第2回、第3回、第4回、第5回の開催は終了していますが、録画視聴(録画配信)でご参加いただくことが可能です。

*録画視聴期間は8月9日(金)までの期間限定配信となりますのでご注意ください。

*コース期間中は見放題です。一度ご覧いただいた方も、録画視聴の期間内であれば何度でも再生していただけます。

*単回受講をお申し込みの方のは、単回専用のページをご利用ください。
会場
ご自宅や診療室(インターネット経由)
費用
64,800円(税込)

*単回受講の場合は12,960円(税込)
*単回受講は別ページよりお申し込みください
Dental Training Institute Seminar[6日間コース]

Dental Training Institute Seminar[6日間コース]

日時
補綴をマスターする2日間
10月5日(土)10:00〜19:00
10月6日(日)10:00〜16:00

ペリオをマスターする2日間
11月16日(土)10:00〜19:00
11月17日(日)10:00〜16:00

治療を成功に導くための2日間
12月14日(土)10:00〜19:00
12月15日(日)10:00〜16:00
会場
U'z デンタルクリニック研修室
大阪市浪速区幸町1-3-19 昭和綜合管理本社ビル4F
費用
参加費 324,000円(税込)
    ※内申込金は 50,000円
材料費 54,000円(税込)

最終月のみ再受講可(過去に受講された先生のみ)
受講費 64,800円(税込)
位相差顕微鏡を活用しよう!

位相差顕微鏡を活用しよう!

日時
[東京]9月8日(日)
[徳山] 7月21日(日)
[岡崎]8月4日(日)
[岡山] 10月27日(日)
[札幌]11月17日(日)
[名古屋]12月8日(日)

※ 全日程 10:00〜16:00
会場
東京・徳山・岡崎・岡山・札幌・名古屋
費用
新規受講料 43,200円
追加おひとり 21,600円
再受講料 16,200円

※ すべて税込