う蝕・歯周病と脳卒中・認知症の関連を検証する世界初の共同研究を開始 国立循環器病研究センター
ニュース 2018/11/14

う蝕・歯周病と脳卒中・認知症の関連を検証する世界初の共同研究を開始 国立循環器病研究センター

WHITE CROSS編集部
国立循環器病研究センター(以下、国循)は11月1日、う蝕原性細菌と脳卒中・認知機能障害との関連を検証する多施設共同研究を開始したと発表した。
 
この研究は、同センター脳神経内科の猪原匡史部長、齊藤聡医師、大阪大学大学院歯学研究科の仲野和彦教授、広島大学大学院医歯薬保健学研究科の細見直永准教授らの研究グループによるもの。
 
 
本記事のポイント
①これまで歯の表面の硬組織にのみ付着する…
新規登録・ログインして全文を読む

続きを読むには会員登録(無料)が必要です
登録によりWHITE CROSSの他サービスもご利用いただけます

WHITE CROSS編集部
LINEで送る

歯科医師コメント(0)

コメントをみる・投稿する

コメント機能のご利用には歯科医師確認が必要です

人気記事ランキング

おすすめのセミナー