魚をほとんど食べない人で大動脈疾患死亡が約2倍に増加 国立がん研究センター
ニュース 2018/10/22

魚をほとんど食べない人で大動脈疾患死亡が約2倍に増加 国立がん研究センター

WHITE CROSS編集部
国立がん研究センター 社会と健康研究センターは10月15日、国内の大規模コホート研究から、日本人における魚摂取頻度と大動脈疾患死亡リスクとの関連を分析し、その研究成果を発表した。魚摂取と大動脈疾患死亡との関連を疫学的に示したのは世界で初めてとなる。
 
高齢化により増加する大動脈疾患死亡
大動脈疾患(大動脈瘤、大動脈解離)は、かつては日本での死亡率はそれほど多くなかったが、高齢化に伴って近年増加傾…
新規登録・ログインして全文を読む

続きを読むには会員登録(無料)が必要です
登録によりWHITE CROSSの他サービスもご利用いただけます

WHITE CROSS編集部
LINEで送る

歯科医師コメント(0)

コメントをみる・投稿する

コメント機能のご利用には歯科医師確認が必要です

人気記事ランキング

おすすめのセミナー