国内のかぜ患者への抗菌薬処方状況を初めて解明 岡山大
ニュース 2019/10/30

国内のかぜ患者への抗菌薬処方状況を初めて解明 岡山大

WHITE CROSS編集部
10月25日、岡山大学大学院ヘルスシステム統合科学研究科の狩野光伸教授・大学院医歯薬学総合研究科の小山敏広助教らの研究グループは、同大大学病院、札幌医科大学、徳島大学病院、大阪大学、千葉大学病院との共同研究によって、日本国内のかぜ(急性気道感染症)に対する抗菌薬の処方状況の詳細を初めて明らかにしたと発表した。
 
先進国で推し進められる抗菌薬使用のガイドライン
かぜや感冒などと一般的にいわれ…
新規登録・ログインして全文を読む

続きを読むには会員登録(無料)が必要です
登録によりWHITE CROSSの他サービスもご利用いただけます

WHITE CROSS編集部
LINEで送る

歯科医師コメント(0)

コメントをみる・投稿する

コメント機能のご利用には歯科医師確認が必要です

人気記事ランキング

おすすめのセミナー