2018年9月19日、都内赤坂にて Beyond Borders Dental Association イブニングセミナー vol.2 が開催された。

今年4月に発足されたスタディーグループ Beyond Borders Dental Association(以下、BBDA)は、「海外研修をより身近なものにし、世界の様々な知識と技術を垣根なく学び合い交流を深める歯科医師・歯科従事者育成を目指す」という理念のもと、歯科界のトップランナーとして活躍するメンバー7名が理事として集結している。

その取り組みのひとつとして、平日夜19時半から行われているイブニングセミナー。

今回は第2回 林洋介先生(東京都開業)による『今さら聞けない!?Endodontic Microsurgery』をご紹介したい。

第2回となる今回、会場は満席であった。

今さら聞けない!?Endodontic Microsurgery

都内で開業するかたわら、東京医科歯科大学にて非常勤講師を務める林洋介先生。

林先生は冒頭、歯内療法について、師匠であるペンシルべニア大学教授 Syngcuk Kim先生の言葉を用いて語った。

顕微鏡により歯内療法の分野は、「盲目的」技術に依存しなければならない分野から、「視覚」に頼ることができる分野へと変わった


近年、自分の歯を残したいと考える患者さんが増えている。

林先生は、従来の手用ファイルを用いた歯内療法も、正しいプロトコルに則って行えば成功率は高いということに触れた上で、昨今の顕微鏡等の技術革新を挙げ、安易に抜歯する選択をとらないようにと述べた。

 

当日のスライドより(林洋介先生ご提供)

 


また、外科的歯内療法を選択する前に、非外科的歯内療法を考慮することの重要性をいくつかの論文を用いて解説。

非外科的歯内療法、外科的歯内療法、最終手段としての抜歯の中から、どれがもっとも患者利益につながるのか、症例の都度意思決定する必要があるという。

つづいてトピックは、今回のメインテーマである外科的歯内療法の一つ、マイクロサージェリーに移った。

以前の歯根端切除術は、根管の解剖学的構造などに関する専門性が考慮されず、口腔外科手術の一環として主に口腔外科医が行なっていたことも一因となり、歯科医師の間ですらその有用性が正しく認識されていなかったという。

しかし、手術用顕微鏡の登場により、治療箇所を可視化し、骨窩洞も最小限に抑えることができるようになった。
また、角度付きインスツルメントやレトロチップの開発により、患者さんだけでなく術者の負荷も軽減されるようになり、充填物もアマルガムからバイオセラミックスやMTAセメントといった材料に置き換わったことで、封鎖性の高い逆根管充填が可能となっている。

 

テクノロジーの進歩によりコンセプトが大きく変わった治療分野だと言っていいだろう。


インスツルメントの変遷を解説する林洋介先生

 


林先生は、歯内療法におけるマイクロサージェリーの注意点について、8つのポイントを挙げて語られた。 

それは、①軟組織のマネージメント、②骨削除、③出血のコントロール、④ベベルと歯根端切除、⑤根切断面の観察、⑥イスムス、⑦逆根管窩洞形成、⑧逆根管充填だという。

 

例えば⑤の根切断面の観察においては、林先生が受講したペンシルべニア大学のインターナショナルレジデンシープログラムでは、100本の抜去歯を根管充填する実習がある。
充填後の根切断面を観察することで、いかに充填に漏れがあることがわかるという。なかなか見ることのできない研修風景やその事実に、受講生からは感嘆の声が漏れた。


当日のスライドより(林洋介先生ご提供)



最後に林先生は、外科的歯内療法を活用することで、抜歯しないで済む症例は多くあると語られた。

新しいコンセプトに基づくマイクロサージェリーの成功率は94%。
プロトコルをしっかりと守ることで、失敗率は大幅に下げられると強調した。

 

「自分の歯を残したい」という患者さんのニーズに応えるためにも、外科的歯内療法は押さえておきたい治療であるといえるだろう。

先生ご自身が知識・技術を習得されるのも実に有益であるし、歯内療法専門医と連携することで、患者さんから見た際に自院の提供できるメニューを拡大することができる、という点も忘れてはならない。


***

 

 

講演では、ポイントごとにたくさんの症例写真が供覧され、1時間半とは思えない情報量のセミナーであった。

BBDAでは、月2回程度様々な分野の講師を招いてセミナーを開催している。
次回のイブニングセミナーは、中原維浩先生(東京都開業)による『待合室の革命家による医院とスタッフのための待合室マーケティング』。

 

今後も勢いのある講師ラインナップに大いに期待したい。


[BBDAの主催するイブニングセミナーはこちら]

BBDAのFacebookページへ

執筆者

WHITE CROSS編集部

WHITE CROSS編集部

臨床経験のある歯科医師・歯科衛生士・歯科技工士・歯科関連企業出身者などの歯科医療従事者を中心に構成されており、 専門家の目線で多数の記事を執筆している。数多くの取材経験を通して得たネットワークをもとに、 歯科医療界の役に立つ情報を発信中。

LINEで送る

歯科医師コメント(0)

コメントをみる・投稿する

コメント機能のご利用には歯科医師確認が必要です

人気記事ランキング

おすすめのセミナー

[Live]The Edge of Dentistry  全6回コース

[Live]The Edge of Dentistry 全6回コース

日時
[録画配信中]第1回 山﨑長郎先生
[録画配信中]第2回 北原信也先生
[録画配信中]第3回 植松厚夫先生
[録画配信中]第4回 鈴木真名先生
[録画配信中]第5回 日高豊彦先生
第6回 7月25日(木)20:00〜

*すでに第1回、第2回、第3回、第4回、第5回の開催は終了していますが、録画視聴(録画配信)でご参加いただくことが可能です。

*録画視聴期間は8月9日(金)までの期間限定配信となりますのでご注意ください。

*コース期間中は見放題です。一度ご覧いただいた方も、録画視聴の期間内であれば何度でも再生していただけます。

*単回受講をお申し込みの方のは、単回専用のページをご利用ください。
会場
ご自宅や診療室(インターネット経由)
費用
64,800円(税込)

*単回受講の場合は12,960円(税込)
*単回受講は別ページよりお申し込みください
[Live]The Edge of Dentistry  第6回

[Live]The Edge of Dentistry 第6回

日時
7月25日(木)20:00〜22:00

*本セミナーはイベント終了後、2週間の録画視聴期間を予定しています
*録画視聴は準備が整い次第、メールにてご連絡差し上げます
会場
ご自宅や診療室(インターネット経由)
費用
12,960円(税込)

*全6回コースをお申し込みの場合は64,800円(税込)
*コース受講は別ページよりお申し込みください
安心、安全、患者納得の咬合調整法とその場で解決開口障害

安心、安全、患者納得の咬合調整法とその場で解決開口障害

日時
9月29日(日)9:00〜16:00
会場
東京八重洲ホール
東京都中央区日本橋3-4-13 新第一ビル
費用
受講料 50,000円
追加おひとり 40,000円
再受講料 27,000円

※ すべて税別
SHAPE・CLEAN・PACK[2日間コース]

SHAPE・CLEAN・PACK[2日間コース]

日時
[第3期 / 兵庫]
10月5日(土)10:00〜18:00
10月6日(日)9:00〜17:00

[第4期 / 東京]
2020年3月14日(土)10:00〜18:00
2020年3月15日(日)9:00〜17:00
会場
[第3期 / 兵庫]MOKUDA歯科研修センター
兵庫県神戸市中央区港島南町4-7-5

[第4期 / 東京]ペントロンジャパン株式会社 研修室
東京都品川区大井4-13-17 レ・ジュ大井町6F
費用
253,000円(税・昼食・実習材料・教材費込)
[Club GP]Basic Program   第2期生 募集中

[Club GP]Basic Program 第2期生 募集中

日時
すべて火曜 20:30〜22:30

[セミナー]
7月16日 補綴疫学、支台築造
8月20日 支台歯形成(クラウン)
9月17日 審美修復(ベニア)
10月15日 歯周(バイオロジー)
11月19日 歯周(SC・SRP)
12月10日 歯周(切開・縫合)
1月21日 歯周(歯周外科)
2月18日 根管治療(総論)
3月17日 根管治療(拡大・形成)
4月21日 根管治療(根管充填)

[実習]
8月27日 支台歯形成(クラウン)
9月24日 審美修復(ベニア)
11月26日 歯周(SC・SRP)
12月17日 歯周(切開・縫合)
4月28日 根管治療(根管充填)
会場
Club GP 研修室 & Club GP Salon
大阪市鶴見区放出東3-6-9 サトウ歯科・デンタルインプラントセンター大阪内
費用
申込金(年会費)25,000円
Club GP の定例会、文献抄読会、年次総会の参加費含む

受講料
セミナー 5,000円
実習 8,000円(模型・材料代別途)
チェアーサイドの支台歯形成実習 12,000円